読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子との日々

流産を経て、2014年に32週で生まれた双子ママのブログ。妊娠前、流産前後、双子妊娠中、双子育児の日々の記録。

2歳歯科健診

先日、市の2歳児歯科健診があった。

歯磨き指導と、RDテスト昭和という虫歯菌がいるかどうかのチェック。
シールに唾液を付けて色の変化を見て、○、△、×の3段階で評価するもので、二人とも結果は△。
ほとんど○の色だけれど△の色が混じっているようなレベルの△。
菌はいないが歯磨きを頑張りましょう、ということだった。

続いて歯科医の診察。
二人とも、虫歯なし、噛み合わせOK、清掃性OKだった。
まだ生えていない歯は、残すところ、ニコは上の奥歯2本、イチコは上の奥歯2本と下の奥歯1本。
ほぼ生え揃ってきた。

この日は身長体重の計測もあって、
二人とも、身長84cm弱、体重12kg弱、二人の差はまだあって、ニコが若干小さかった。
というものの、生まれた時の差と比べるとだいぶ差が縮まって、ほとんど同じ大きさになっている。

一卵性だと、大きさはどんどん同じになって、顔も似てくるのかな~。
今のところけっこう見分けつくけど(家族は)、他人から見ると、同じ過ぎて笑えるらしい。

今回の健診で印象的だったのは、イヤイヤ期全開の子が一人いたこと。
会場に入る前に、中から泣き叫ぶ声がして、入ってみると、計測を全力で拒否中だった。
その後保健師さんとの面談でもずっと泣いていて、
歯磨き指導、歯科医の診察、すべてがイヤらしく、とにかくイヤ、イヤ、イヤ。

その子を見ていたら、うちの双子のイヤイヤなんてかわいいもんだな、と思ったのと、
こんなにイヤイヤになるのか…と思うと、これが2倍?!ヤメテー!!と怖くなってきた。

毎度、保健師さんとの面談で双子育児の悩み相談はするものの、当たり障りのないアドバイスしかもらえないな…という感想。
やはり当事者、先輩双子ママに聞くのが一番だな。

広告を非表示にする