読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子との日々

流産を経て、2014年に32週で生まれた双子ママのブログ。妊娠前、流産前後、双子妊娠中、双子育児の日々の記録。

夜間断乳したいけど踏み切れない毎日

2歳過ぎてなぜかここにきて夜中頻繁に起きる双子。
おっぱーい!おっぱーい!と泣いている。
一人起きるともう一人もつられるこの頃。
前はあまりつられることなかったんだけどなぁ…。

夜中だけでも断乳すればぐっすり寝てくれると思って、
できるだけ夜中はおっぱい飲ませないように、一人起きたら泣き止むまでなだめている最中にもう一人も起きてしまい、
早く泣き止ませたい、いつ泣き止むかわからない状況に、自分の睡眠確保したい一心で、
結局心折れておっぱいくわえさせてしまう。
そしてくわえたまま眠る双子に乳首を噛まれてイタタタ…の繰り返し。

普段の家では旦那と私がダブルベッド、双子はその隣に敷いた布団に寝かせているけど、
今滞在中の実家では私の両脇に双子、という寝方をしていて、
毎晩両脇に双子がほぼ密着しているため、寝返りが打てず朝起きると腰が痛い。
この疲れ蓄積されたら腰痛ひどくなる予感。

夜中起きる、おっぱい飲ませない、泣きわめかれる、×二人、となったらどうなるか、想像しただけでげんなりする。

今まで、市の健診で寝かしつけはどうしていますか?との問いにおっぱいです、と答えると、
保健師さんには、布団に寝かせてトントンしてみよう、とか、おんぶで寝かせられないか?とか言われたけど、
二人いると遊んでしまうし、おんぶに抱っこなんて腰痛持ちの私には絶対無理。
外野は好き勝手色々なこと言うけど、当事者にしかわからない苦労があるんだよ!!!と言いたかった。
旦那も必ずしも寝かしつけに参加できるとは限らず、
夜中起きた時に抱っこしてもらうのも、朝早く仕事に行く旦那にはお願いできなかった。
昼寝、夜寝ともに、とにかく家事時間と睡眠時間確保のために手っ取り早いおっぱいを、
そして私の内膜症軽減のためにも生理を遅らせようと、おっぱいに頼り過ぎた結果が今の大変さに凝縮されているのか…。

その時その時を乗り越えようと必死でやってきたんだけどな…。

頑張ってるんだけどな…。