読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子との日々

流産を経て、2014年に32週で生まれた双子ママのブログ。妊娠前、流産前後、双子妊娠中、双子育児の日々の記録。

双子同時授乳変遷

同時授乳方法の記録。


①ベッドに授乳クッションを置いて一人寝かせて、もう一人はフットボール抱き

これは首座り前によくやった方法。

この方法で、ベッドの一人にはミルク、フットボール抱きの一人にはおっぱい、というパターンも。


②双子用授乳クッションはんぶんこっこを使用

もう販売していないようですが、はんぶんこっこはかなり重宝しました。
腰回りにフィットするし、クッションも厚くて安定感抜群、双子を乗せてしまえば手ぶらになるので、本当に楽。
ただ、慣れるまでは乗せ下ろしが怖かった。
一人乗せて、落とさないようにしながらもう一人を乗せるのが気を遣うところ。

お座りできるまで…
ベッドに双子を並べ(自分側に二人の足が来るように)、
はんぶんこっこを付けたら、ベッドの下にあぐらをかいて座り、
手を伸ばして一人ずつ乗せる、
下ろす時は、乗せる時と逆の手順でベッドに戻すか、
お尻からずるずるとスライドさせて下に下ろしていた。

お座りができるようになったら…
自分の左右に双子を座らせて、体をひねりつつよいしょとはんぶんこっこの上に乗せていた。


③道具は使わずに
修正8ヶ月過ぎ頃から…
はんぶんこっこから双子のお尻がはみ出るようになり、乗せても落ちるので出番が減り始め、
お座りも安定しているので、
開脚した脚の間に二人を座らせて、両腕で背中を支えて、二人の頭の高さに合わせるようにちょっと前屈みになって授乳。

この方法になったら、いちいち授乳クッションを付けなくても済むので、スムーズになった。


文章では伝わりにくいですね…。



いずれの期間も、家にいる時は授乳キャミ、授乳服(Tシャツなど)は必須だった。

授乳服は要らない、という話もよく聞くけれど、両乳をさっと出すには授乳服はやはり便利。

授乳服の洗濯が間に合わない時などは普通のTシャツをガバッと上げてゴムで留めたり洗濯ばさみで留めたりもしたが、
夏は気にならなくても、お腹が冷えがち。
たかが一枚、されど一枚の布がお腹にあるのとないのとでは違うなぁ、と思った。

期間限定で着倒すつもりで買って正解でした。

広告を非表示にする