読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子との日々

流産を経て、2014年に32週で生まれた双子ママのブログ。妊娠前、流産前後、双子妊娠中、双子育児の日々の記録。

双子妊娠~出産 入院中の洗面、シャワー、トイレ

トイレ、洗面、時々のシャワー浴以外は基本安静の入院中に実践していた時短技について。


■□洗面

お腹を抱えて前かがみになるとすぐにお腹が張るため、座って顔を洗うように言われた私。
病院の洗面台は、蛇口が遠かった…。

そこで用意した物は、

●洗面器

●洗顔料は、泡で出るタイプ、しかも顔を濡らさず使うタイプ

●ガーゼ

洗い方は、
泡を顔につけて、濡らしたガーゼで泡を拭き取り、洗面器にお湯をためてさっとすすぐ。

以上

美容上どうなのかはわからないけど、とにかく体への負担が少なく済む方法を考えたらこうなりました。

■□シャワー

こちらも洗面同様、できるだけ時短で、体への負担を軽くするために、とにかく事前準備が鍵。

まず、シャワー予約時間が近づいたら、脱げる物は脱いでおく(腹巻きや、血栓予防ストッキング、病衣は上が長いタイプだったので、ズボンも脱いで問題なかった)。

髪の毛を入念にブラッシング(絡みを取り、洗っている最中の抜け毛処理に時間がかからないように)。

着替えの、ショーツにおりものシートやナプキンを付ける場合は予めセットしておく。

看護師さんや助産師さんに、点滴の針の指し口にラップを巻いてもらう。

車椅子に乗せられ、いざ、シャワーへ。
できるだけ素早く脱いで、あまり入念に洗えなくても気にしないようにした。

シャンプーブラシも便利でした。

上がったら、できるだけ早く病室に戻って点滴再開したいので、
髪の毛を乾かすのは後回し。

タオルドライの時間が短いと乾かすのに時間かかるし…。

なので、ヘアドライターバンを装着。

そして、点滴再開後にゆっくり髪の毛を乾かしていました。


シャワーは週2回程度。
髪の毛のべとつきが気になっても、仕方ないかなと諦めていた。

張りが気になってゆっくりできない時は、
今日はシャンプーメイン!今日は体メイン!
と洗う箇所を絞るのも手、と助産師さんが言っていた。

入院中もバタバタとシャワーを浴びていたが、
今現在(双子1歳10ヶ月)も、ゆっくり入れる日はなかなかない…。